FANDOM


獄寺 隼人(ごくでら はやと)は週刊少年ジャンプ連載の漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』に登場する人物。アニメでの声優は市瀬秀和、幼少期は吉田麻子。原作での初登場は標的2(第2話)、アニメでの初登場は標的1(第1話)。

人物 編集

9月9日生まれの乙女座でB型。国籍はイタリアで、伊3/4、日1/4のクォーター。14歳(中学2年生)時点で、身長168cm(自称では172cm)、体重54kg。未成年ながらタバコを吸い(アニメでは吸っていない)、多くのアクセサリーを身に着けている。特技はピアノで、自室にグランドピアノを一台保有しており、ビアンキ曰く腕前はプロ級[1]。髪型はDrシャマルのマネをしている。同い年の沢田綱吉を慕っている。ボンゴレ嵐の守護者。ジャンプ誌上の人気投票では、第1回1位→第2回3位(人気キャラ部門)→第3回4位(男性部門)→第4回3位→第5回3位。容姿は物語開始時からクラスメートの女子に「かっこいい」と評されているほどのイケメンではあるが後述の性格のため、どこか三枚目な役回りもあり、厳密に言えば二枚目半。聴覚が鋭い。視力は不明だが、稀に眼鏡をかけることがある。

性格 編集

頭に血が昇りやすく、「年上の人間はすべて敵」と豪語し、気に入らない相手には誰彼構わずケンカ腰になり、しばしばトラブルを引き起こす。笹川了平とは些細なことですぐケンカになり、了平からはその髪型から「タコ頭(ヘッド)」と呼ばれている。ランボとは特に相性が悪く、そのことでよく三浦ハルとは口喧嘩になっている。ただし、リング争奪戦の頃からはランボをかばうなどのシーンも描かれている。その一方で、「10代目」と慕うツナと、その母である奈々やリボーンには腰が低く、どんな指示でも反抗せず従う。

フゥ太の「並盛中ケンカの強さランキング」では3位。身に着けているアクセサリーは、因縁をつけられた相手からの献上品。教師すらも恐れる不良少年で、授業をまともに受けていないが成績は優秀である。頭脳派の理系人間で、物事に入るにはまず形から、行動する前はまずペンと紙が必要、と理詰めで進めてしまうところがある。その一方で、迷信や幽霊の類を本気で信じており、オカルト系の雑誌「月刊世界の謎と不思議」を愛読、なぜか魔除け(九字)を習得している。未確認動物(UMA)マニアで、ツチノコがこれから10年以内に発見されることを知ったときは感激し思いをはせていた。「Gゴクデラ文字」という自分専用の暗号を中1の授業中に作ったり、髑髏型のアクセサリーにはまって備品に改造を施したりと、妙な方面に凝る傾向がある。

彼も他の人物に負けず劣らずのボケキャラだが、山本やディーノの天然とも言えるボケなどには過剰に反応することもありツッコミに回ることも多い。

生い立ち 編集

イタリア人の父と、イタリア人と日本人のハーフでピアニストだった母(愛人)・ラヴィーナ[2]の間に生まれる。イタリアの大富豪マフィアの御曹司であるが、母親が謀殺(のちに病死ということが判明)されたことを知り城での生活に嫌気がさし、自力でマフィアとなるべく8歳で家出している。ボンゴレに入る前は一人で活動していた。イタリアでは、スモーキン・ボム隼人(アニメではハリケーン・ボム隼人)という異名を持っていた。ダイナマイトや殺しのことは、かつて実家の専属医だったシャマルに教わり、現在の髪型もシャマルの真似である。複雑な家庭環境で育ったため、本人はその話題に触れられることを嫌う。また、幼少期での仕打ちによるトラウマから、異母姉のビアンキが大の苦手。ビアンキを一目見るだけで腹痛、酷い時は失神を起こし、更に酷い時は石化する。着ぐるみやゴーグルなどで、顔の一部でも隠れていれば平気である。

ボンゴレファミリーの一員 編集

ボンゴレファミリー所属の現役マフィアで、武器は全身に仕込んでいるダイナマイト。タバコを火種にすることから、異名は「人間爆撃機スモーキン・ボム隼人』(アニメではタバコを吸わないため「ハリケーン・ボム隼人」)。武器の性質上、障害物・遮蔽物の多い建物内での戦闘を得意とする。

ツナと戦って負けて以来、ツナを「10代目」と呼び異様なまでに慕っている。自称・ボンゴレ10代目ボス(=ツナ)の右腕。何よりもツナを優先し、ツナの役に立とうと常日頃積極的に動くが、自身の熱意に反してそれは空回りしている。ツナと出会うまで、東洋人とのクォーターであることなどの理由で、どこのファミリーにも迎えられない一匹狼だったが、自分を初めて迎え入れてくれたツナには全幅の信頼を寄せている。そのためか「10代目の右腕」意識が強く、山本武とは右腕の争奪ゲンカ(正確には獄寺が一方的に絡んでいるだけ)を繰り広げる。また、過剰な意識からスタンドプレーに走りがちな面もあり、そういった面をツナたちから度々指摘を受けている。

ボンゴレ10代目の守護者として「嵐のボンゴレリング」を継承しており、本人も嵐属性の波動が最も強い。その他に微弱ながら「雨」「雷」「雲」「晴」の4つの波動を有しており、それらの組み合わせで戦う特殊な戦術「SISTEMA C.A.I.」(スィステーマ シーエーアイ、瞬時武装換装システム)を編み出している。

黒曜編 編集

序盤では六道骸とともに脱獄した柿本千種と交戦。一旦は千種を退けたかに思われたが致命傷ではなく、不意を付かれてツナを庇って重傷を負う。この時、結果としてツナがボンゴレX世であることを知られてしまう。一時はこの時に負った猛毒により危険な状態であったが、Dr.シャマルのトライデント・モスキートで一命を取り留める。

ツナが骸のアジトに侵入する際にも同行。得意とする建物内での戦闘で千種を圧倒するが、トライデント・モスキートの副作用により一転窮地に陥るものの、雲雀を助け出したことで退けることに成功する(その後雲雀の手を借りツナ達と合流するが、その瞬間に放り出されてしまう)。骸との戦いでは、ビアンキとともに一時骸に憑依されてツナを襲うが、小言弾で超死ぬ気モードとなったツナの超直感により助けられる。

なお、闘っていた日は獄寺の誕生日であったと語られている。

ヴァリアー編 編集

ボンゴレNo.2の権限者である沢田家光によって、ツナを守護する主要ファミリーの証として嵐のリングの守護者に選ばれる。ボンゴレリング争奪戦に向けての家庭教師はシャマル。シャマルは命の大切さをわかっていない隼人を弟子にすることを拒むが、家光の助言により命の大切さに気づき、シャマルの指導を受けることになる。

嵐戦ではベルフェゴールと対戦。ワイヤーを使ったナイフ攻撃を見切り、ロケットボムを命中させる。その後、流血により半狂乱状態になったベルフェゴールを戦闘不能にする。誰もが獄寺の勝利と確信したが、ベルフェゴールの最後の抵抗に遭う。命を捨てる覚悟でリングを奪おうとするが、時間切れ寸前にツナの言葉で命を選ぶと言う成長を見せた。

大空戦では他の守護者同様毒を浴びるが、雲雀がリングをベルフェゴールから弾いたことにより、リングを入手し解毒する。その後レヴィ・ア・タンと交戦し圧倒、ランボを解毒する。山本とともにクローム髑髏の解毒へ向かうが、マーモンとベルフェゴールの罠にはめられて幻術の中で絶体絶命のところを了平によって助けられる。

ツナが正統後継者に決まったことによって、守護者の証である嵐のリングを持つことになる。

未来編 編集

10年後の獄寺 編集

嵐の守護者として、ボンゴレ幹部の1人として動いている。10年後の世界に飛ばされたツナに対し、現代に戻ったらすぐに入江正一を消せと伝えた後、現代の獄寺と入れ替わる。またアジト地下16階に特注で足場も視界も悪い砂漠の嵐(デザートストーム)を再現した嵐(ストーム)ルームを作った。ミルフィオーレファミリーにボンゴレ10代目(ツナ)の右腕として恐れられている。

なお10年前に飛ばされるはずの肉体は、他の守護者同様メローネ基地の白い装置に分子レベルで分解され保存されており、過去の自分が元の世界へ帰還した後に目覚めている。

現代の獄寺 編集

炎の属性 : 嵐、雨、雷、雲、晴
所持リング : 嵐のボンゴレリング、C.A.Iリング(雨、雷、雲、晴の各1個)、アニマルリング(瓜)
所持匣 : SISTEMA C.A.I(嵐猫など、計16個の匣)→ 嵐のボンゴレ匣(NEW SISTEMA C.A.Iと銘打っている)

行方不明になったリボーン探索のため、ツナと同じく、ランボを問い詰めようとしたものの、誤って10年バズーカに当たってしまう。10年後ではツナと合流し、ラル・ミルチに導かれボンゴレのアジトを目指す。10年後の山本のアドバイスを受け、野猿との戦闘中にリングに炎を灯し開匣に成功。出てきた武器を使い赤炎の矢(フレイムアロー)という技を編み出し、野猿との戦闘に勝利。

その後、山本と組んでヒバード捜索に赴きγと戦闘となるが、かねてから非協力的だった獄寺が山本との共闘を拒み、戦闘中に仲違いしてしまう。その後、山本に諭され連携してγに挑むも歯が立たず、拷問の末にとどめを刺されそうになったが、寸前で10年後の雲雀に救われる。13日の療養期間後、ミルフィオーレファミリー日本支部襲撃に向け異母姉弟のビアンキを家庭教師として特訓を受けていたが途中で逃亡、1人で資料室にこもり、10年後の獄寺が開発した「SISTEMA C.A.I(スィステーマ シーエーアイ)」を完成させた。

ミルフィオーレ日本支部襲撃直前、ビアンキと作戦終了後に話し合うことを約束している。基地内ではγと再戦、完成したSISTEMA C.A.Iで応戦し相打ちとなるが、基地に駆けつけたクローム、草壁らによって救出される。その後、幻騎士と戦闘中の現代の雲雀を自身の匣兵器で救出するも、雲ハリネズミの暴走によって退路を失い、メローネ基地の壁に押し潰されそうになる。そのまま捕らわれツナとの交渉で人質とされたが、入江の行動により事なきを得た。その後、10年後のツナから入江の手によりボンゴレ匣を託される。ボンゴレのアジトに戻ってからは、ディーノの指示でランボと笹川了平の家庭教師を担当。

ミルフィオーレファミリーとのチョイスには、ツナ、山本、入江、スパナとともに参加した。5人の中では唯一ディフェンスを担当したが、唯一戦闘となった桔梗戦では雲桔梗によって匣兵器を封じられてしまい、応戦することなく突破され、チョイスも敗北してしまう。

ユニを匿って逃亡していたが、川平不動産における戦闘で重傷を負ってしまう。ミルフィオーレによる一斉攻撃に対しては、重傷を圧してラル・γとともにザクロに応戦するが修羅開匣したザクロと駆けつけたブルーベルの前に苦戦、窮地に陥ったところをXANXUS率いるヴァリアーに救われる。未来の戦いが終わった後、ビアンキにかつて自分の父が母に送っていた手紙を見せられ、自分の母は大病を患っていたこと、母は謀殺されたのではなく病死であったということ、自分は両親に愛されて生まれたことなどの真実が伝えられた。

アルコバレーノ編 編集

10年前に一時帰還した後に沢田家にてツナ、山本と共にリボーンからアルコバレーノ達の強さについて教えられた。アルコバレーノの試練ではコロネロ、リボーン、ヴェルデの試練に参加した。

I世ファミリー編 編集

風が家庭教師に就任するが、お互いに波長が合わない様子だった。風が時間稼ぎをしている隙に、自身に変装したGがツナに接触してしまい、有能な右腕として働くGにツナが感心していると知り、ショックを受けるが、それでも一緒に居たいのは獄寺であると言われ、二人の強い絆の証明し、継承を認められた。霧の試験ではツナと共に自身たちの幻影と戦った。

継承式編 編集

転校してきたシモンファミリーのSHITT・P!をUMAと判断し、SHITT・P!を観察していた。ボンゴレ反抗勢力が継承式妨害のためにツナを襲った知らせを受け、シモンファミリーとの合同警護を提案する。継承式に出席中、クーデターを起こしたシモンファミリーと対決するが、圧倒的な力の前に敗れる。VGの原石を「嵐のバックル Ver.X」に進化させ、ツナ達と共にシモンの本拠地へと向かう。ボンゴレVSシモン戦ではSHITT・P!と対決。最初はSHITT・P!の奇襲で風船の1個が割られてしまうが、その際、SHITT・P!の身体にマタタビを付け、瓜ボムの奇襲が決め手で逆転勝利する。新生デイモン誕生後すぐに、ツナ達をかばい幻覚空間に閉じこめられた。D・スペードを倒した後、幻覚空間から解放されたが、観察する方とされる方の立場が逆転してしまい、SHITT・P!の観察の魔の手から逃げ続けている。

技・使用武器など 編集

ダイナマイト
獄寺調合の筒状のダイナマイト。ボムの技にもいくつかのバリエーションが存在し、主に使うのは大量のダイナマイトを相手目掛けて投げ付ける「2倍ボム」と「3倍ボム」(通常は両手合わせ8本となる。)。その他に相手に急接近して、すれ違いざまにダイナマイトを放って、避ける隙を与えない「ボムスプレッズ」など(アニメ7話では相手の懐にダイナマイトを差し込み爆発させる「ピックポケットボム」という技も使用している)。ボムにもいくつか種類があり、現時点では通常より小型だが、通常のボムと併用することで遠近法を利用した時間差爆撃を仕掛けられたり、爆風で自分の走力を加速させたりとさまざまな機転が利く「チビボム」・仕込んだ推進用火薬の噴射であらかじめ決めた方向に2度変化する「ロケットボム」などがある。漫画では獄寺はタバコで着火しているが、アニメでは自動発火式となっている。どこにしまっているかは不明(本人は『次元をゆがめて…』と言っているがリボーンは『残り数が少なくなると冷や汗かいている』と言っている。漫画の標的32で上着を脱いだらかなりの量が出てきた。)
匣(ボックス)登場後、未来編において出番が減少。その後、ボンゴレギア(後述)では、形は違えどダイナマイトでの戦闘スタイルが復活している。
SISTEMA C.A.I.(スィステーマ シー・エー・アイ)
C.A.I.」とは「Cambio Arma Istantaneo(=瞬時武装換装システム)」の略。獄寺の持つ5つの波動(嵐・雨・雷・雲・晴)による炎を組み合わせ、各属性に対応した16個の匣を戦況に応じて臨機応変に使い分ける戦闘スタイル。
匣(ボックス)兵器
赤炎の矢(フレイムアロー)
イノチェンティによって作られた兵器で髑髏をあしらった腕固定型火炎放射器。ダイナマイトを髑髏の口に入れ、口を絞ればエネルギーが集束されレーザーを放つことができ、開けばエネルギーは拡散され相手の炎を吹き飛ばして消すことができる。命名は現代の獄寺で、未来編開始時点では発見されてまだ日が浅いらしい。
嵐の炎をメインに、獄寺の持つ他の4つの波動を組み合わせることで、性質を変化させることができる。以下はそれぞれの炎の組合せによる効力(それぞれの炎の特性については家庭教師ヒットマンREBORN!#死ぬ気の炎を参照)。
  • 嵐+雨 貫通力が高く、雨属性の「鎮静」によって相手の炎を弱めつつ匣兵器を破壊する。防御に使えば相手の炎を弱めつつ分解し、やがて無効化する強力な盾となる。
  • 嵐+晴 晴属性の「活性」のよって弾の速度が不規則に加速していく。ちなみに、この組み合わせだけは炎ではなく弾丸のようなものを放つ。
  • 嵐+雲 雲属性の「増殖」のよって枝分かれしていくフレイムアローを発射する。
  • 嵐+雷 雷属性の「硬化」によってフレイムアローの破壊力を強化する。獄寺は「赤炎の雷(フレイムサンダー)」と呼称。
嵐猫(ガット・テンペスタ)
声 - 田中理恵
イノチェンティによって作られた匣であり、嵐属性のヤマネコ型生体兵器。獄寺による命名は「(うり)」。10年後の獄寺が編み出した「SISTEMA C.A.I.」で用いる16個の匣の1つ。匣兵器としては珍しく人間の食料を食べ、また所有者の獄寺に懐いておらず匣に入ることを拒む。晴属性の炎を受けて成長すると嵐豹(パンテーラ・テンペスタ)となり、極めて高い攻撃力は「SISTEMA C.A.I.」の攻撃の中核をなす。しかし、もともとガット・テンペスタ自体の戦闘経験が少なく、現時点では能力を生かしきれていない。
嵐猫Ver.V & NEW SISTEMA C.A.I(ガット・テンペスタ バージョン・ボンゴレ アンド ニューシステーマ シーエーアイ)
獄寺の持つ、「嵐猫」を始めとした「SISTEMA C.A.I」の匣を改造した嵐属性のボンゴレ匣。最初の開匣で嵐猫Ver.Vが出現、他の15個の匣は腰にセットされる。形態変化(カンビオ・フォルマ)によって赤炎の矢と合体してボンゴレの初代嵐の守護者が使用したGの弓矢ジーのアーチェリー)へと姿を変えることができる。
必殺技は強力な嵐の炎の矢を放つ赤竜巻の矢(トルネード・フレイム・アロー)と小型の炎の矢を連射するガトリング・アローが披露されている。
名称不明(防御用の輪など)
「SISTEMA C.A.I.(スィステーマ シーエーアイ)」で用いる16個の匣に入っている装備で、イノチェンティによって作られた大きなリング状の防御用匣。嵐と雨のリングで開匣している。骨を模したパーツで構成されたリングフレームの中央に透明な障壁が張られているシールド。遠隔操作によって空中を浮遊し、あらゆる方向からの攻撃に対処できる上、フレームを複数重ねることで強力な攻撃にも対応することができる。

その他にもホバーや照準コンタクトレンズなどがある。

ボンゴレギア「嵐のバックル Ver.X」
山本とクロームを助けたいという叫びが作用しギア化した。通常はバックルの形をしているが、形態変化すると体中にダイナマイトを帯びたベルトを装着し、パイプ型の発火装置でダイナマイトに嵐の炎を灯して攻撃する。匣入手以前の獄寺の十八番であったダイナマイト状の武器ということもあり、リボーンは「スモーキン・ボム復活だな」と評している。
またSISTEMA C.A.Iも使用可能であり、瓜自身を爆弾を化してマタタビを付けた相手を追わせる「瓜ボム」で相手の予想外の方向から奇襲する事が可能。

脚注 編集

  1. 公式ビジュアルブック「REBORN Colore!」より。
  2. 名前の初出は、コミックス29巻「読者のアジト」内の質問への返答。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki